2011年07月30日

叔父に感謝


今日、父から連絡がありました。
「きのう、アニキ(父の兄:叔父)が...」

もしかしてと思ったのですが、言葉は出ませんでした。

叔父は、今回の震災で私が支援物資関係の事を行っていたこともあり、

一生懸命になってくれました。

叔父が生涯をかけた「かつお」。

なぜか、春先に叔父に連絡してしまいました。
「おじさん、かつお節って支援物資としてどうだろ?」がはじまりでした。

「なにいってんだよ、かつお節は何でもできるだよ、
 日本人の原点だよ」

と言われ、

「おにぎり、みそ汁に、なんにでもなるんだよ」

「で、どうしたんだ。」

との会話をさせていただき、

「送るからどこに送ればいいんだ」

あんなに元気で、
周りのこと、人を大事にされ、
男気のあるおじさんでした。

でも、お礼を添えたことに
「お前!おれがやったことなんだから気にするな!」って激励だったと思います。
私、本当に失礼なことをしてると理解はしていましたが、申し訳ございませんでした。

被災された方々へおじさんの送ってくれた
「手火山の花がつお」は、
多くの方々の笑顔につながったと思っています。


まさか、このようなことになると思っていなかった。
あまりにも急すぎたので。

日々に追われ感謝できずにいた事申し訳ございません。
本当に自身を悔やんでしまいます。

おじさんにあいにいきますね。

【NPO 手火山】
http://www.npo-tebiyama.org/shusi.html
海が日本人にとってまた太平洋にとってどのようにこれまで必要だったか、
そして、海路の重要性、航海技術、加工ふくめ太平洋の素晴らしさをわかっていただけると思います。
ブログ解剖など面白いランキングサイトです→blogram投票ボタン
posted by yamakey at 15:25 | 宮崎 ☁
| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の家族活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。